陥没乳頭は早めに病院に相談しよう

乳頭がへこんでいる、体の内側に先端がすっぽりと入り込んでしまっていて乳首が見えないなど、陥没乳首の症状は様々です。
放っておいて自然になおる場合もありますが、そのままにしておくと思わぬ病気になってしまったり、授乳ができなかったりすることがあるので早めに病院に相談することをおすすめします。
陥没乳首が気になっているのに、病院に行くことに抵抗があって放置してしまう人も多いのですが、陥没していると清潔を保ちにくく汚れや皮脂、垢などがたまって雑菌が繁殖し炎症を起こす場合があります。
表面の皮膚や組織が炎症を起こすだけでなく、乳腺が炎症を起こしたり、膿がたまることもあり、激しい痛みや発熱などの症状に悩まされることにもつながることがあるのです。
将来的に授乳ができない、母乳が出なかったり量が少ない、痛みが強くて授乳を諦めなければならないこともあるので、陥没乳首の手術をしておくことがおすすめです。

なぜ

陥没乳首手術をする病院を選ぶときのポイント

陥没乳首の手術は、手術時間が短く、日帰りで行うことができます。
傷跡が目立ちにくく、時間の経過とともにほとんど分からなくなるようになっています。
陥没乳首の手術をする場合には、美容外科や乳腺専門のクリニックなど、専門医を受診することがポイントです。
病院を選ぶ時には、口コミやランキングを参考にして、評判の良いクリニックをピックアップすることから始めましょう。
丁寧な診察と説明をしてくれ、費用などもきちんと教えてくれるクリニックを選ぶことが大切です。
評判の良いクリニックの中から、自宅から近いなど通いやすい場所にある専門のクリニックを3つ程度選び、診察やカウンセリングを受けて比較をしてから選ぶことをおすすめします。
実際に行ってみることで、ドクターやスタッフの対応、説明の分かりやすさ、費用などを知ることができます。
納得できる手術をするためには、きちんと説明をしてくれて、自分との相性が良いクリニックを選ぶことが大切です。

まとめ

陥没乳首の手術は、傷跡が目立ちにくく、日帰りでできる比較的簡単な部類に入る手術です。
授乳ができない、乳腺炎にかかるなどのリスクを下げるために、早めに手術をすることをおすすめします。
口コミやランキングで評判が良い専門のクリニックをいくつか選び、実際に診察やカウンセリングを受けることで、自分に合う腕の確かなクリニックを選ぶことが可能です。
医師やスタッフとの相性、費用などもしっかりとチェックしましょう。

ポイント バインダー