陥没乳首治療で人気の病院はあるのか

陥没乳首は、乳首が正常に外部に向かって露出しないで内側方向に埋没したり窪んだり平坦になっている状態のことです。
刺激をあたえると正常に乳首がでる「仮性」のタイプから常時埋没している「真性」のタイプまで症状は様々です。
しかし放置しておくと、雑菌の温床になり湿疹や乳腺炎の原因になったり、乳児に授乳するのが困難になるなど、見た目の審美面だけでなく色々な問題を提起するので、治療で確実に改善させる必要があります。
高い治療効果を期待するなら、病院を受診して医師の治療を受けることです。
病院での陥没乳首の治療には大きくわけると、保存的方法と手術による外科的方法の二つに分かれます。
保存的治療には特殊なピアスを用いた牽引や、母乳吸入器による吸引などが用意されています。
外科的治療では手術が代表的で、確実な根治効果を見込めます。
陥没乳首で人気の病院では、手術だけでなく保存的治療の選択肢も提示してくれるところです。

陥没乳首の手術方法が丁寧

陥没乳首は中程度かあ重症の症例では、病院での治療は手術が第一選択になります。
従来から陥没乳首の根治的治療として普及しているのが、陥没乳頭矯正手術です。
この手術のメリットは重症はもちろん、継承や中程度でも、確実に自然な見た目に変化してくれることにあります。
陥没乳頭矯正手術には、幾つかのバリエーションがありますが、乳首を三箇所切開し陥没した乳首を牽引して、縫合するのが一般的です。
しかしなかには手術を受けてから元の状態に戻ってしまうことも珍しくないのです。人気のある病院では、こういった陥没乳首の手術の特性を踏まえ、手術後に1年当たりい度ほどの定期健診や再手術などのアフターケアが充実しています。
また陥没乳頭矯正手術では、誤って乳管をきずつけてしまい、授乳できなくなることが多いのも確かです。
そのようまこともあり、陥没乳首の治療は確かな技術と専門知識を身につけた医師が在籍している病院を選ぶのが大切です。

奮起する女性

まとめ

陥没乳首は家庭でのケアには効果に限界があるので、形成外科や乳腺外科などの診療科目を掲げる病院を受診して治療を受けるのが一般的です。
人気の病院では手術だけでなく、保存的治療など豊富な治療の選択肢が用意されています。
ただし陥没乳首の状態が中程度以上のばあいでは、手術でないと確実な治療成績を見込むのは困難です。
陥没乳首の手術では乳管を切断するなどのリスクが高いので、技術も経験も豊富な専門医のもとで手術を受けるのが賢明です。

ポイント マーカー