女性の社会進出を助ける

もっと女性が働きやすい社会へするために


工事現場のトイレのつまりトラブル。

女性の社会進出が一般化して、それほど男性と差異がないようですが、
当然男女の区別がされる仕事も存在します。
ですが、それは体格や社会上仕方がないものだったりします。
力仕事などは、恐い位の女性推進派の方でも進出させろとは言わないのが、
それに当たるでしょう。
しかし、そういう現場で働く女性にこそ光を当てるべきだったりします。
工事現場では、簡易トイレが設置されますが、当然男女分けはないですし、
トイレがつまりを起こすなどのトラブルもあります。
下請けの社会こそ女性が働きやすい職場作りが必要かもしれません。

Posted in 日記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です