女性の社会進出を助ける

もっと女性が働きやすい社会へするために


医療法人の節税も考える視点の差とは?

男性・女性で区別することは多くはないと思いますが、
女性ならではの目線というものはあると思いませんか?
もちろん男性目線もあるんですが。
というのも先日医療法人の節税をテーマに話を聞いてきたのですが、
男性、女性の担当者で全然視点の違う面白い話を聞けたんです。
うまく言えないのですが、こういった視点の違いを利用すれば
女性の担当ならではの良さも十分生かせるように思うので、
ちょっとした提案書を作成しようと考えています。

Posted in 日記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です