女性の社会進出を助ける

もっと女性が働きやすい社会へするために


ある製本会社さんとのお話し

広告の製作の会社で、新卒から男性ばかりの営業部に配属された私。
日々、激務に追われ分からないことばかりの毎日でした。
協力会社の人たちも、自分の父親位の年齢の人ばかりで、
軽んじられていると感じることも多く、私の仕事は取り合ってくれなかったり、
後回しにされたりしていました。
そんな時、新人の私にも親身になって仕事に一緒に取り組んでくれたのが、
とある製本会社の人でした。
クライアントから受けた、パンフレット製作のお仕事。
どうしても、その仕事を受注したかった私は、コストが少しでも安くなるように
製本会社の人と様々な検討をして、アイデアをもらい、
最終的にその仕事を受注することが出来ました。
女性の社会進出が一般的になって久しいですが、
まだまだ女性に厳しい業界や、人たちがたくさんいるのは事実です。
そんな中でも、自分を一人の営業として、
一緒に頑張ってくれる人たちに支えられて、一人前になってきたんだなと思います。

Posted in 日記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です